2006年06月30日

Peridotsのチケット購入

7月6日に、アポロシアターでPeridots*のライブがあります。わりと直前だったので、売り切れちゃったりしてないだろうなーと思ったら、なんと『77』番。少しびっくり。大丈夫かな?少なすぎないかい?名古屋!あぁ名古屋!

ちなみに、Peridotsの音源は買っていません。CD買うかライブを見るかでライブにしました。試聴したら、なかなか良かったので楽しみです。
posted by ゆりか at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月29日

調子に乗って…

偉大なるブログにトラックバックしてしまった…しかも、タイトルを変更する以前の記事を…あほだー。あほだー。ばかだー。ばかだー。調子に乗りすぎたー。トラックバックって、削除ってできないのですか?親切な方がいらっしゃいましたら、教えてくださるとうれしいです。
posted by ゆりか at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

豊田道倫とマジックブック

ToyotaEizou.jpg
なんなんでしょうか、この人*は!昨年のアンチコンナイトvol.1にて、Fut!?さんが、大絶賛してたので適当に『映像集U』というDVDを買ったのだけど、それがなんとも表現できないくらい味わい深い音楽だなーとしみじみ思うのです。アンチコンナイトに行っていなければ、聴けなかったんじゃないかと思います。雑誌にちらりと載っているのは、あらためて拝見させてもらいましたが、地味に載っているのね。これじゃ、斜め読みの私は見逃してしまう(苦笑。

音楽雑誌について。うーん、あんまり好きではないインタビューの形式やなんでこんなことを聞くのだろう?という記事もあったりしますが、なんとなく立ち読みしちゃいますねぇ。興味深い記事があったりすると買ってしまうんですけど。そうやって手に入れた古い音楽雑誌をあらためて読み返すと、聴いてみたい音楽がいろいろあることに驚く。買った当時は、気付かなかった細かな記事に目がいってしまうのだよね。

音楽雑誌ではないですが、フリーペーパーをまた作ってみようかなぁ。お友達にも、参加してもらうという形式で。しかも印刷は、大学で(無料で大量に!)。けちくさいですね。

さて、だいぶ前に買った作品なのですが、紹介を忘れてた?紹介したかな?どっちか分からないけど、紹介します。自分のブログを読みかえせばいいのですけどねぇ。面倒くさいし、自分の文章に落胆するのがおちなので。

piruru.jpg
V.A/ぴるる・ぴるくる・ぴくにっくる
とりあえずは、MAGIC BOOKの愉快な住人*を見ていただけたらと思います。収録アーティストが載っていますし、ライナーもあります。なんとなく意識せずに聴いていると、アルバムが終わっているんですよね。あれ?もう、終わってしまったの?まだ、続きが聴きたいよーっていうような感覚ですね。でも、いつも心にひっかかる曲があってですね。それは、4曲目のトクマルシューゴさんの曲なのです。2分強という短い曲なのですが、不思議と物語が浮かび上がるような音楽なのです。他のアーティストさんの曲も、やっぱりそういったテイストなのです。7月7日には、タワレコとかでも販売されるみたいなので、試聴コーナーがありましたら、ぜひ聴いてみてください。子供のときに、思い描いていたような物語を感じるかもしれませんから。いや、私だけなのかな(苦笑。まー、素敵な音楽ですよ。
posted by ゆりか at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月28日

7月

〜名古屋のライブ〜

7/1 フジファブリック @ダイヤモンドホール
7/6 peridots @Nagoya Apollo Theater
7/7 クラムボン @ダイヤモンドホール
7/8 envy/toe @CLUB QUATTRO
7/17 folt PRESENTS [this here vol.3]
〜te'&niumun new single Wレコ発〜te'/niumun/OGRE YOU ASSHOLE/folt @CLUB ROCK'N'ROLL
7/21 rei harakami @CLUB QUATTRO

特に熱心に調べていないのに、上に書いたライブを見に行きたいです。全部は、お金の関係上無理だけどね。フジファブリックは、大学時代のお友達から誘われたので、確実に行きます。ライブとは、あんまり縁のない女の子だと思ってたのに、誘ってくれてびっくりでした。peridotsは、見たことないので見たいのです。男性一人ユニット。見逃したくないです。なので、99%行くでしょう。クラムボンも、見たいよなー。だって、『てん、』すごい良かったもん。でも、何度かライブに行っているので、行かない可能性が高いです。けどー、行きたい。envyとtoeの組み合わせも、たまらないよねー。豪華。あうー、泣きギターを見たいよ。そして、folt PRESENTS [this here vol.3] というイベントもそそられますね。te'しか、知らないのですけど(苦笑。rei harakamiは、どうしましょ。最新、買っていないからな。でも、彼の作る音楽は、大好きなので見たいですねぇ。

ライブだけじゃあない。Dj Klockの新しいのも欲しいのだ。他にも欲しい音源がざくざくあります。困ったー。毎日ネットしていると、情報が入ってくるからねぇ。

鏡に写った自分の姿を見て、痩せなくてはと思わされました。あうー。実家生活で、たくわえちゃったからね(苦笑。運動だな、運動。
posted by ゆりか at 21:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月25日

女25歳

日曜日。軽く引きこもり…DVDを見たり、音楽聴いたり、本を読んだり。雨だと休みは、こんな状態になってしまうんだ。あうー。晴れると、iPodをフル回転させて、サイクリングや、ウィンドウショッピングとかするのだけどね。友達が、近くに住んでいないのが、残念なところ。

CDと本とビデオが散乱しているこの部屋。女25歳。何も考えず、文章を書く。フィッシュマンズのDVDみながら。
posted by ゆりか at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

試聴ツアーに行くか行かないか…

迷ってます。行ったら、何か買ってしまいそうで。お金ないのにねぇ。来月は、わりと行きたいライブが名古屋であったりするので、お金を貯めなければなーと思う次第でございます。が、実験の後って疲れてて、しかもいつ終わるか分からない状態。そんなこんなで、ライブ会場に行くエネルギーが減少してしまうのだよね(苦笑。ライブ会場が大学から近かったらば、いいのだけど…少し離れているのだよね。東山BLは、本当に近くなので行きたいですね。名古屋のアンダーグラウンドシーンを知れます。しかも、1000円でドリンク付き。以前は、無料だったのだよね。よく無料でやれたなーと思います。

あうー、タワレコでMARQUEEという雑誌が欲しいです。というのも、ミキちゃんとiLL特集があるんですよね。すでに立ち読み済み。ロッキン・オン・ジャパンもそうなんですよ。こちらは、我慢かな。なぜタワレコかっていうのは、ポイントなんですよ。もう少しで、全部たまるんです。そしたらば、3000円オフ!やっぱり、スーパーカー狂。ついでに、昨日紹介した2枚も欲しいのですけどね…乱暴な感想書きましたが、試聴だったのです(VILLAGE VANGURDにて。家の近くにあるのです。本やマンガ、雑貨なども欲しくなってしまって困るのだけど、頻繁に通ってます)。今さらながら、サージェリー・アフロっていう名古屋のバンド(解散してしまった)の音源も欲しいのです。CDRで持っているのですけどね。7586 Vol.2も欲しいです。Coup[ku:]Label*の作品は、欲しくなっちゃいます。

今日は、フルカワミキのライブがSHIBUYA-AXにてあるんですよー。行きたいー。でも、お金と時間がない。

REASONを少し、本当に少しだけど分かってきました。winだと、すべてEnglishなのがきついです。macだったらば、日本語バージョンもあるのだけど。まぁ、Englishの勉強もかねて、ぼちぼちやります。デモソングに、逆回転かけたり、リバーブをかけたり適当にやってます。新しい機材は、まだ使ってないんだよね…ニューパソコンもDVD鑑賞しただけ…ま、のんびり制作したいです。
posted by ゆりか at 07:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月24日

ヤフーオークション

出品するのも、けっこう面倒くさいのね(苦笑。

音楽雑誌などは、半額以下で、ブランドのバッグは10分の1くらいに設定してみました。どうでしょうかねー。

あとは、映画ビデオと音楽ビデオと音楽雑誌を出品します。どうか売れてください。お金ないです…
posted by ゆりか at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ナードヒップホップ?

あああ、こんな記事を書くと、いろんな罵声が浴びせられそうだなー。いや、それは自意識過剰であって、スルーする人(ちょっとダジャレ)が多いかもな。ということで、書いちゃいますよー。

私が、ヒップホップを本気でかっこいいなあと思ったのは、Shing02の『400』を聴いてでした。そして、その頃友達にアンチコンを教えてもらいサンプラーvol.1を聴いたのだよね。それを聴いたときは?でしたね。完全にアンチコンは、アーティスト名だと思ってましたから。レーベルであり、クルーだったのね。いやー、のんびりとアンチコンは堪能させていただきました。本当に、のんびり聴いたのだよね。慌てて集めたりするのではなくて。また、スチャダラパーを聴きなおしたりしたのもこの頃で。あー、スチャダラパーってこんな良かったんだ!って気付かされましたよ。

さて、ナードヒップホップという風に呼ばれているヒップホップがあります。ポストアンチコンとも呼ばれてます。私は、なんとなく想像でナードヒップホップの音を推測してしまうのだけど、ま、それはそれでいいかな。

Epic1.jpg
ナードヒップホップと呼ばれているのを一番最初に聴いたのはカナダの『Epic』の1stでした。聴いたとたん、即買いしたのですが、新しさを感じることはなく、懐かしさを感じたんですよ。そして、その周辺アーティストなどをいろいろ聴いてみまして、やっぱり懐かしいという感覚なのです。ずっとなぜだろうなと思ってたんですけど、今日気付きました。

LouReedT.jpg
Lou Reedの『Transfomer』に、感触が近いんじゃないかと。うたい方、なんとなく近いような気がしないですか?曲によりけりですけどね。Lou Reedは、いろいろちょこっと聴いているのですが、この作品が一番好きですね。というか、他は試聴程度です(苦笑。

さらに、乱暴に言ってしまえば、いわゆるベルベッツ・チルドレンとナードヒップホップは感触が近いんじゃないかと思ったわけです。まぁ、ヒップホップビートはないんですけどね。感覚的に、です。

と乱暴な記事でした!

そしておすすめ2枚書きたいです。これもまた乱暴ですが(苦笑。

SotteBossa1.jpg
Sotte Bosse*の『Essence of Life』という作品。有名なJPOPをカバーしているんですが、うまくジャズっぽくアレンジされていて素晴らしいと思いました。ヴォーカルが原田郁子ちゃんに似ているのだよね。んー、いい声です。

Sindbad1.jpg
SINDBAD*の『SINDBAD』というアルバム。平たく表現してしまうと、ヒップホップ&レゲエ&ジャズな音です。ちょっと新鮮でした、私には。

バウンスにも取り上げられてたので、リンクしておきます。

http://www.bounce.com/interview/article.php/2001
posted by ゆりか at 20:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

音楽雑誌

SpitzJ.jpg SupercarJa.jeg.jpg SyrupJ.jpg
私は、音楽雑誌も好きです。ミーハーなため(?)いろんなのを読みます。一番最初に買った音楽雑誌が『ROCKIN' ON JAPAN』だったためか、この雑誌を読み返すことが多いなー。vol.90からvol.298までで、18冊しか持ってません。一応厳選して買っているのだよね。大抵、写真を見て、うっとりするバカなんですけどね(苦笑。えっと、vol.213(持っている中で3番目に新しい号)を、読み返してみました。これは、表紙がマサムネさん(スピッツ特集)&スーパーカーの写真がきれいだったということで、買ったと思います。2001年12月号。わりと古いな。

SyrupCopy.jpg
何を読みたかったと言うと、syrup16g*の記事なんですよ。『COPY』というアルバムが一番好きで、syrup16gを初めて聴いた作品でもあります。当時は、Radioheadに似たメロディの曲があるなー、フィードバックギターが、スーパーカーのと似てるなーくらいで、単純に演奏の音が好きだったのです。特に、『負け犬』なんて、Radiohead(Bendsの頃)+スーパーカー(OOKeah!!・OOYeah!!の頃まで)ですもん。最近聴きかえしたら、歌詞がものすごく暗くて。そして、その暗さにはまってしまってね(苦笑。

ヴォーカル・ギターの五十嵐さんのインタビュー読んで、共感しました。『結構小さい頃からね、優等生だったんですよ、僕。だから、そういう意味でなんかエゴが凄い早くからあって、自我がそこに増幅されてしまってて。助長されてしまって。誰も止める人がいなかったんですよね、周りに。だからもう最初はまっすぐな人間だったからもの凄い折れやすくてですね。中学くらいまではもう部活とか本当に努力することの正しさみたいなのを疑いなく純粋にまっすぐに生きてきたものだから、自分が阻害されているってことに対して対処ができないわけですよ。で、人とのコミュニケーションてのが本当に下手になっていくのに気付いて。』以上引用です。自分と少し似たところがあるなーと思ってね。読んでいて、ふむむと思ったわけです。私も、がむしゃらに中学時代は、部活に本当に努力しましたし、勉強もできる方で、それが嫌でテストでは、わざと空欄にしたりとか。人とのコミュニケーションも苦手なんじゃないかと思いはじめてるわけです。

まー、根が能天気なので、五十嵐さんのようにシリアスじゃないんだけどね。なぜか小さい頃から、(特に異性に対して)明るくて元気な人よりも、少し暗い影を持った人に惹かれるんだよね。未だに、です。謎です。理由なんてないな。

さらに、他の記事も、しっかり読んでみると知らないバンドやらたくさんいるのですねぇ。他の有名だと思われる音楽雑誌、クッキーシーン、アフター・アワーズなども知らないアーティストがたくさんだしね。一時期、アフターアワーズを熟読していて、付箋がたくさん貼ってあったりしてね。知らないアーティストを徹底的に探してみたりしたものです。他にも、たくさん音楽雑誌ありますねぇ。

わりと、音楽雑誌好きです。他の人がどのようにある作品をとらえているのか、客観的に知ることができるからです。サイトもそうですね。自分と違う解釈をして聴いている人の文章を読むのは、おもしろいです。

さぁ、ここから本題です。音楽雑誌をヤフーオークションで高値で売ろうとしている人が多いことに気付きました。というのも、私もヤフーオークションで何か売ろうかなと考えているので。中古だし、定価以下で値段をつけるものかと思っていたら、平気で2000円とかつける人いるんだねぇ。廃版のやつとか。なんだかね。突っかかるものがあるわけですよ。あー、いやだなあと。私は、定価以下で出品すると思いますよ。あー、オークションにも向かない人間なんだなと思いました。この社会で、素直に生きていけないんじゃないかなと思いました。なんか、曲がっているのを、無視して生きていかないとならないんじゃないかな。そういうの苦手な私は、たくさんつまづきそうです。まー、いいや。社会不適合者だし。

シリアスなこと書いてるけど、いたってのん気なやつです。たまには、固い内容もね。
posted by ゆりか at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月23日

制作意欲

reason98.jpg
むんむんと制作意欲が湧いてきていますよ!リスナー→へっぽこDJ→創作者(?)な、流れです。今から4年ほど前に一度、ソフトシンセ(REASON)を使って、音を作ろうと思ってたのですが、挫折してしまいまして。ええい、重いからアンインストールしちゃえと思って、アンインストールした状態でした。しっかし、昨日再びインストールしちゃいましたよ。マニュアル片手にがんばってみます。ちなみに、win98です。

さーらーに、KORGのmicroKONTROL、それに付属してきたソフトシンセ&ニューパソコン(winXP)などなど、機材もそろってきました。もちろん、生楽器も使います。リコーダー、マラカス、カシオトーンなどなどチープな楽器を使います。あと、QY100というシーケンサーも使います。変な音を出したり、サンプリングしたりね。

なんだろう、好きな音を作りたいだけですね。うん、そんだけ。hideologyくんの影響が大きいかな。彼の作る音を、聴いたとき、ぐっときました。しかも、幅広い音楽性を秘めていました。身近な人に、尊敬できる音作り者がいたっていうのが、嬉しかったし、刺激になりました。

もう一つ。JPOPネタを。

http://www.mukaishutoku.com/main.html
ZAZEN BOYSの沖縄でのライブがダウンロードできますよー。

http://www.excite.co.jp/music/closeup/0606/kirinji.dcg
キリンジのインタビュー。ひそかに、excite musicは熱いね!

http://www.excite.co.jp/music/closeup/0606/furukawa.dcg
ミキちゃんのインタビュー。やっぱりスーパーカー狂。

http://www.excite.co.jp/music/closeup/0605/ill.dcg
iLLのインタビュー。やっぱりスーパーカー狂。
posted by ゆりか at 13:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

トムヨークのソロ

正規盤で買いたいのだけれども、ロシアのmp3*のサイトで、もう販売されてます。うー、買いたい半面待つほうがいいのかなと思ってます。

私は、完全にお金の使い方が悪いと思いました。衝動買いが多すぎる。もっと、吟味しなくてはいけません。あうー。
posted by ゆりか at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月21日

ツタヤ

家の近くのツタヤが半額セールということで行ってきました!全部試聴できるのが嬉しいですね。絶対借りる気がない作品も、もりもりと試聴してきました。

印象深いのは、イエロー・モンキーかな。高校時代にちょろっと聴いたことがあって懐かしかったー。『JAM』は、名曲だと思いました。それと、なぜか奥田民生の作るメロディと似た部分があるなーと。日本的な?イギリス的な?個人的な意見だけど、日本とイギリスの音楽ってけっこう似た部分があるかなーと思います。同じ島国だからなのかな。

ヒップホップとラップって違うのかなーと、なんとなく思いました。ヒップホップって、やっぱりビートが基調だと思うのだよね。本場のヒップホップを知らない人間が言うのもねぇ。中学時代に、はまっていたWham!に、『Wham Rap』っていう曲があるのだけど、これはヒップホップじゃあないなとふと思いました。ラップだなってね。チープな80年代イギリス特有の(?)シンセの音が特徴的であります。恥ずかしながら、Wham!はけっこう聴きましたね。『Careless Whisper』という曲がテレビで流れてきて、ぐっと心を奪われたのです。トランペットのソロがめちゃくちゃかっこいい!
posted by ゆりか at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月20日

昨日初めて

トラックバックをしました。意味不明だったのですが、ようやく原理が理解できました。相変わらず遅いっ。

1度はトラックバックしてみたかったのです。ちょうど、zu-uause*さんの記事に『Nomad』の新作の感想が書かれていて、遅れてしまいましたがやっと入手したので、まー、あの下手な文章ですが、感想みたいなのを書いたので、よし!やってみようと思ってやってみました。人生初!

余談ですが、爆睡コンピが余ってます。欲しい方がいらっしゃれば、yurikariyu@hotmail.comまでメールください。お名前と住所を送ってください。タイトルに、CDR希望と書いていただければ嬉しいです。無くなり次第終了いたします。自分でいうのも、あれですが、コンピの内容、最高です。って、自分の好きな曲を詰めたので、自分自身が最高っていうのは普通ですね。
posted by ゆりか at 10:52 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2006年06月19日

音楽をつくってやる

金欠といいながら、買ってしまいましたよ。KORGのmicroKONTROLっていう機材です。

http://www.korg.co.jp/Product/Synthesizer/microKONTROL/

うへへー。前回のうさぎをたべてやるのレコーディングで、もしかしたらおもしろい音楽が、この3人から出来上がるんじゃないかという期待が持てたのです。hideologyくんの、言葉のおかげでもあります。

QY100(シーケンサー)も、使いますよー。幽霊みたいな音も出るし、サンプリングもできるしね。

Nomad.gif
ようやく、Nomadの『Lemon Tea』を購入。短めなアルバムなので、もう5回転してますよー。Nomadの声、好きだなー。切なさと渋さが同居していて、好きですね。ラップ(?)の下にあるバックの音が、シンプルなんだけど、凝った部分があって聴くたびに新たな発見があるなー。アナログとデジタルがほどよくミックスされているなー。それに、とてもポップなのだよね。ポップというのは、最近私の中でブームなんです。アンチポップなのもたまーに聴きますけど。ポップであることは、頭の中に音がインプットされやすくて、音楽を聴いていなくても、自分の中で音楽をならすことができるのだよね。Nomadのこの作品も、私の頭の中で響くだろうな。

EskargotMiles1.jpg
昨日買った、The eskargot milesの『slow down』が素晴らしい。もう、素晴らしいとしか言えないです。ジャズ〜スカの要素が自然に溶け込んでいて、自然に聴き入ってしまう。音楽の速度も、ほどよくのんびりしていて心地が良いな。インストが中心だけど、ヴォーカル入りの曲があります。そのヴォーカルの声が素敵なんだよね。Nomadとは違うけど、切なさを感じる声であります。これが1stなんだよね。次作も期待しちゃうなー。
posted by ゆりか at 20:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月16日

エレファントカシマシのライブへ行ってきました!

あー、久しぶりのロックのライブ。すんごく楽しかったー。しっかし、エレカシが名古屋でこんなに人気があったなんて知らなかった。人人人で、列を作ってたもん。んー、年齢層が幅広かったです。一番小さい子は、おそらく小学生くらいかな?母親に連れられて。一番歳をとった人は50代を越えてると思います。男女比は、同じくらいでした。

いやー、宮本さんのヴォーカルは、すごいね。ものすごいエネルギーを感じました。ライブは、2度目なのですが前回より断然良かったです。ニューアルバム『月を見下ろす丘』から『雨の日に...』以外は全部演奏してくれて、昔の曲もやってくれました。『珍奇男』『今宵の月のように』『明日に向かって走れ』『悲しみの果て』『ファイティングマン』そして、なんと大好きな『赤い薔薇』をやってくれたんです。感動!

ライブの前に、久々にパルコのタワレコに行ってきましたよ。うーん、欲しいものたくさんだったけど、3枚に絞りました。えらい!
・Psapp / Only Thing I Ever Wanted
・The Eskargot miles / Slow Dawn
・Solal One / Who I am?

後に、感想でも書きます。いつになるやらー。

試聴していいなーと思ったものも書いてみます。アーティスト名しか覚えていないので、それだけ書いてみます。ま、自分用メモだね。
・Special Others
・Midole
・Indigojam unit
・Appart Organ Quartet
・Asa Festoon
・The Spint Band
・レイハラカミ
・Kazumasa Hashimoto
こんなところでしょうか。

パルコの良い点は、楽器屋さんと本屋もあることです。楽器屋にて、ドラムを叩いてみました。へたくそ…そして、ベースもぶいぶい弾きました。ベース、案外向いてるかも(自意識過剰)。

そして、服やバッグもあるんだよね。ずっと前から目をつけていたポーターのボストン型のやつがいつもないんだ。もう生産終了しちゃったと思います。あー、残念。

エレカシのライブにスーパーカーのTシャツを着ていったけど、誰からも声をかけてもらえなかったー。残念。エレカシのTシャツは、ほどよくダサくてよかったです。右胸のあたりに、カタカナでエレカシなんて書いてあるんだもん。
posted by ゆりか at 22:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月09日

iTunesの紹介

ただひたすら紹介するだけです。

まずは、ジャンル。37ジャンルあります。
Alternative---6
Alternative & Punk---286
Alternative Rock---15
Blues---14
Books & Spoken--14
Children's Music---3
Classical---12
Country---6
Data---13
Dub---1
Easy Listening---16
Electronic---5
Electronica---7
Electronica/Dance---392
Experimental Rock---13
Folk---17
Gospel & Religious---1
Hip Hop---2
Hip Hop/Rap---154
Holiday---31
Industrial---4
Jam---3
Jazz---42
Latin---7
Metal---2
New Age---11
Pop---118
Pop Rock---5
Progressive Rock--1
Punk---1
R&B---1
Reggae---6
Rock---264
Soundtrack---10
Unclassifiable---377
World---9

あー疲れました。

続いては、アーティスト1635アーティスト入ってます。これはとてもじゃないけど書ききれないね。

最後に、アルバムは1274です。えっ?まだ入れてないアルバムたくさんあるよ。もしかすると、CDは2000枚を超えてるかも(苦笑。
posted by ゆりか at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月04日

新譜でも…

iLL1.jpg
ニャントラの3rdがまだ買えてないけど、iLLの1stを買っちゃいました。なんと表現したらいいのだろう、この作品は。非現実的な近未来を感じました。曲という枠を超えちゃったね。もはや、曲ではないと感じました。奇妙な音のコラージュ。四つ打ちとか入ってポップな面もある。でも、構造はいたってシンプルなんだよね。声のサンプリングなんかは、砂原良徳さんの使い方に似てるなぁと感じたけど。だからといって、砂原良徳さんの作品のように、『テクノ』と呼ばれるような音楽じゃない。きっと、これを聴いてぐぐっと感じる人は、正直少ないと思う。だけど、私は以前からナカコーを追っかけていたせいか、わりとスムーズに作品を聴くことができた。好きなときに、好きな音を素直に作る彼の姿勢には、圧倒されます。

asuna2.jpg
続いては、Asunaさんの2ndアルバム。ラッキー・キッチンからの1stも、すごく好きなのですが、こちらも好きです。1stは、揺らめくようなドローンなオルガンの音の心地よさが特徴的だなぁという印象だったのですが、今作は、いろいろな楽器を取り入れて、音楽的にも幅が広がったなぁと感じました。それにしても、1曲1曲のタイトルもいいねぇ。『貝がらのかけら』なんて、本当に貝がらのかけらを思い浮かべちゃったもんな。素朴なタイトルに、素朴な音。うん、聴いていて日常の幸せを感じます。
posted by ゆりか at 21:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2006年06月01日

Nomadの新譜を…

キャンセルしたよ!7月の終わりまで待てないやー。お店に買いに行こうと思います。
posted by ゆりか at 16:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

あああ

私は、なんてバカなんだろう。Nomadの新譜は、アマゾンで買うと一ヶ月も待たなければならないんだ。さっき確認のメールで気づいたよ…

うぅ。待とう、待とう、待つんだ。
posted by ゆりか at 14:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。