2007年08月29日

Our Bubble Hour

東京で、素敵なイベントが行われます。まだ、先の話ですがmixiにコミュニティができたので、興味のある方は、ぜひぜひ見てみてください。私は、DJとして参加しませんが図々しくも、コンピレーションCDを配布させていただけることになったので、もし行かれる方はジャケはダサいですが(苦笑)、内容はとても気に入っているので、手にとってみてください。
posted by ゆりか at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月27日

空いろのくれよん

happyend2.jpg
はっぴいえんど / 風街ろまん
はっぴいえんどについて詳しくはこちら。このアルバムは、1971年に発売されたセカンドアルバム。「風をあつめて」「はいからはくち」「夏なんです」といった代表曲がそろっています。久しぶりに、日本語ロックを聴きたいと思ってチョイスしました。出会いは高校時代ですが、本当に良さが分かったのは以下のトリビュートが発売されて聴きなおしたとき。特に好きなのが、「空いろのくれよん」という曲です。曽我部恵一さんがカバーしていますね。大滝詠一さんの裏返るような歌い方が、切なさをいっそう際立たせていて、歌詞とメロディとシンプルなバンドサウンドが絶妙にマッチしていて、何度も聴いてしまいます。「〜です、ます」調の歌詞がなんだか妙に、しっとりと感じて、好きなんです。

happyendparade.jpg
V.A. / HAPPY END PARADE
参加アーティストが、私的に豪華なメンツ。欲しかったんだけど、高かったので試聴のみしました。名古屋のツタヤには置いていなかったので、残念だったことを思い出しました。
posted by ゆりか at 17:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月26日

あーそうだったのか

ontonsonのAlejandra & Aeribの紹介文から、分かったんだけど、8月18日の記事で、Kning Diskは、Lucky Kitchenに似た部分があるんじゃないかなと書いているんだけど、Alejandra & Aeronは、Lucky Kitchenのオーナーだったのね。全然知らなかった…好きなレーベルなのに。やはり、へたれ音楽ファンだけあるな(笑。

ところで、今さらながらミスチルの「Everything(It's you)」にはまってます。歌詞を自分と比較しながらね。「幸せすぎて大切なことが、分かりづらくなった今だから♪」と始まる部分の歪んだギターが入ってくるところが特に好き。

友達大勢がメタモに行っているので、感想文が楽しみです。去年、行ったけど楽しかったな。ベタだけど、リッチー・ホーティン見たかった。彼のミックスは、今聴いても大好きなんだ。
posted by ゆりか at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月23日

トクマルシューゴ

トクマルシューゴさんの新作が、出ますね。楽しみです。

http://www.shugotokumaru.com/

ずっと、クチロロばかり聴いてます。本当に、大好き。また、otonotaniに来てくれないかなぁ。南波さんと三浦さん、私のこと覚えていてくれたらうれしいんだけど、絶対ありえないだろうな。それにしても、otonotaniのメンツ、豪華です。No.9の新譜欲しいけど我慢中。otonotani行けるお金あるかなー。不安であります。

あー、最近は、制作意欲が減退して聴くのに夢中です。寝る前は、必ずフィッシュマンズ聴いてます。クチロロ聴くと興奮するので(苦笑。
posted by ゆりか at 11:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年08月22日

寂しいなぁ…

お友達のブログがだんだんと閉鎖されている現状を知ると寂しいなぁ。忙しいのかな、やっぱり。私は、もし忙しくなってもブログを続けるつもりですよ。mixiと違って誰が見てくれているか分からないし、コメントも少なくて少々寂しいですが、自分的記録みたいな感じで書き続けようと思う。さて、昨日買ったクチロロのメジャーファーストアルバムが素晴らしいというか、好みで何回もリピートしている。zu-hauseさんのブログで、もう思ったことが何個も羅列されているので、そこをご覧頂くのが一番いいんじゃないかなと思う。それでも、私なりの感想を簡単に書きたいと思います。むふふ。クチロロ、やっぱり好きだ。初めて聴いた曲は、「Costura」であり、ここをご覧の方も多くの方が、flyrecの「out」でこの曲を知ったんじゃないかな。

kuchiroro4.jpg
口口口 / Golden Love
クチロロのメジャーデビューアルバム。彼らは、簡単に「これ」と表現できるジャンルの曲を発表してきたのではなく、本当に幅広いジャンルの曲を発表してきた。そして、「ファンファーレ」で全体的にポップスを作り上げることに成功したんじゃないかなと感じる。あー、なんかえらそうなこと書いちゃった。そして、このアルバム。全体的にハッピーでポップで輝いている。ヒップホップとポップの融合で、勝手にヒップポップと名づけちゃいましたよ。うた+ラップ的な構成であり、やっぱりヒップポップ。インストゥルメンタルである1曲目から反則だ(笑。思わずにんまりしちゃう。フィーチャーされているハルカリやいとうせいこうさんと3人でラップしている曲も、この輝くヒップポップアルバムに自然になじんでいるのだ。違和感がないんだよね。角のない流れるようなビートの上に乗っかった、光るような輝く音が、豪華でハッピーな気分になるんだよね。たまに入っているスクラッチもとても丸くて、なめらかに感じます。個人的に、トーンの高い三浦さんの声がやっぱり好きだ。
posted by ゆりか at 11:30 | Comment(2) | TrackBack(0) | メモ2007

2007年08月19日

アップルストア

iPodの充電の時間が短くなったなぁと感じたので、アップルストアへ。まだ、保障期間中!2年に保障期間を延ばしてもらってよかったー。酷使してるからね(苦笑。これがないと、生きていけない。CDウォークマンも壊れちゃって捨てたしね。アップルストアの店員さんによると、充電時間が7.5時間以内だったらば新しいiPodと交換とのこと。もし、充電時間が7.5時間持ってもデータは全部消えるそうで。ちょっぴり寂しいが、データの転送も楽しみだったりします。

昨日は、うさぎをたべてやるのメンバーであるhideolgyくんにReasonを教えてもらいました。少しだけど、分かるようになって世界が変わった。本当に、素敵な友達だ。私は、素敵過ぎる友達に囲まれて幸せです。

zucchinidrive.jpg
Zucchini Drive / Goodyear Television Playhouse
発売日からかなりたってしまいましたが、ただいまヘビーローテーション中であるZucchini Driveの最新作の感想文でも。ライナーを読んでもらえば、詳細が分かると思うのでその辺は省略で。っていつもアーティストの詳細みたいなの書いてないけど(苦笑。調べるのが面倒というへたれ音楽ファンですから。前作と比較するとエレクトロニクスとヒップホップビートの強さがまろやかになり、ギターなどの生楽器の音の響きがとても美しい作品だと思う。角がとれて、耳なじみが良いんだよね。それと2人のラップ?歌うようなフロウの重なり合いが絶妙に絡み合って、これまた耳なじみが良いんだよね。また、ストリングスが入ったりする曲もあり、とてもドラマチックな作品です。また、少し切ない旋律が入ったりする曲もあるんだよね。しっかりとヒップホップビートを残しながらも、ヒップホップというジャンルでは括られない広い音楽性を秘めていると感じます。そして、とてもポップであると感じます。

falls.jpg
Sparrow House / falls
この作品は、Ola Podridaというアメリカのバンドのメンバーのソロ作品だそうです。1stEPかな。柔らかなベールに包まれたような声とバンドサウンドが、暖かな気持ちにさせてくれます。アメリカの人らしいんだけど(詳しくは知りません!)少し切なくてひねくれたメロディーが、ビートルズのホワイトアルバムの1枚目(7曲目とか特に)にも通ずる部分があるように感じました。コーラスワークもとても美しくて、サイモン・アンド・ガールフレンドが好きな方も、気に入ってもらえるんじゃないかなぁと感じました。ファイルアンダーの店長さんは、エリオット・スミスをあげてましたが、そう言われればなんとなくそうとらえることもできます。まぁ、もっと音が柔らかくてまろやかなんだけどね。

http://www.myspace.com/sparrowhouse

knowselfandmoves.jpg
Knowself and moves / Pueudo Freedom In The Age Of Manipulation
カナダのプロデューサーであるDJ Movesが99年にMC、Knowselfを迎えて制作された作品の日本盤です。サンプリング主体のトラックは、重みがあり、ドープです。もくもく曇った深い音が不気味でもあり、不思議でもあり、何だかかっこいい!Knowselfの淡々としたフロウがさらに、不気味にさせてる(笑。スクラッチも効果的に入っていてかっこいいな。いかにも、機材で作った感のあるはじけたヒップホップビートもかっこいい。夜中にこんな音が響いたならば、おもしろいだろうな。いや、絶対不気味だ(笑。
posted by ゆりか at 12:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2007

2007年08月18日

Kning Disk

久しぶりに、ファイルアンダーで大人買い(笑。っていっても、5枚だけど。パワーショベル・オーディオにも、気になった作品があるので、またナディッフ愛知に行こうかしら。本日は、Kning Diskの2枚を紹介したいと思います。あんまりこのレーベルは詳しくは知らないんだけど、スウェーデンのレーベルで、Lucky Kichenに少し似た部分があるんじゃないかな。まだ、日本ではあんまり知られていないかも。

GiuseppeIelasi&NicolaRatti.jpg
Giuseppe Ielasi & Nicola Ratti / Bellows
詳細を調べようとしたら、全然載ってない(苦笑。たぶん、イタリアの2人組みのユニットだと思われます。さまざまな生楽器と、エレクトロニクスが融合し、細かな音の粒子が電子ノイズとともに、ミニマルに進んでいきます。徐々に高揚していく展開には、心打たれます。ゆったりと、同じフレーズが繰り返されます。ギターの響きも美しくチェロの響きも美しい。音数少なめな曲から、音数多めな曲まで、多彩に繰り広げられています。温度感は少し冷ため。フィールドレコーディングされた音?違うかな?と、生楽器とエレクトロニクスが絶妙に融合した、聴けば聴くほど味のある作品だと思います。

http://www.kningdisk.com/02_releases_kd031.asp?id=1031

Alejandra&Aeron.jpg
Alejandra & Aerib / Billowy Mass
こちらも、前者同様、スウェーデンのKning Diskから。私的に、このレーベルは、Lucky Kichenに通づるものがあるような気がします。この作品は、彼らが台湾にいたときに影響を受けた伝統的な風景画に影響を受け、台風シーズンの中録音したフィールドレコーディングの素材から作曲したものらしいです。台風シーズンにフィールドレコーディングされただけあって、風の音がリアルで、それとともに、日常に聞かれる音がミックスされています。素朴でやわらかなサウンドは、booksとは少し異なりますが(アンビエント・ドローンな要素たっぷりだもんね、でもベルの音とかも効果的に入っていてかわいらしい部分もあります)、booksを彷彿させられる柔らかな日常感あふれる作品です。アートワークも素晴らしい。

http://www.kningdisk.com/02_releases_kd024.asp?id=345
posted by ゆりか at 01:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2007

2007年08月09日

パワーショベル・オーディオ

最近は、音源を全然買っていないです。そして、使いこなせないREASONやQY100をいじって遊んでます。主に聴いてるのは、キセルとクチロロかな。クチロロなんかは、機材をいじって使いこなしていくうちに、ポップなものを作り出すことができるようになったということで、参考にさせてもらってます。キセルは、ギターとベースはできないけど、サンプラー(?)を用いて作り出す音が大好きで参考にさせてもらってます。あと、トウチセイのカバーをこっそりとさせていただいています。

15日以降にお金が入るので、NADiff愛知とFILE-UNDERDecibelに行きたいなぁと考えております。以下、お友達ニイミくんからいただいた情報です。限定CDRとか売り切れてないといいなぁ。

PowerShovel Audio(パワーショベル・オーディオ)フェア in NADiff愛知

只今、NADiff愛知では、HOLGAなどのトイカメラのパイオニアとして知られる株式会社パワーショベルが設立した音楽レーベル、PowerShovel Audioのフェアを開催中!

現在までにリリースされた全タイトルに加え、ここでしか手に入らないKillerBongやSasakisanの貴重な限定CD-Rを販売中です。

期間2007年8月1日(水)〜8月25日(土)まで


PowerShovel Audio
http://www.powershovelaudio.com/


NADiff愛知(地図)
http://www.nadiff.com/shoplist/nadaichi.html
posted by ゆりか at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記

2007年08月08日

待ってました!

今年も、otonotanoiあるんだね。
やたー!

http://www.otonotani.com/
posted by ゆりか at 14:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。