2007年10月30日

光になる!

家のネットは、ADSLの一番遅いやつなんだけど、11月3日から光導入です。わーい!インターネットやダウンロードが早くなるぞ!それよりも、早く名古屋から自分のパソコン持ってきたいよー。iTunesには、お気に入りの音楽がたっぷり。今は、お父さんのパソコン使ってます。まぁ、iPodくんが大活躍しているからいいんだけど、やっぱり自分のパソコン使いたーい。

昨日、勢いでバウンスのトクマルシューゴさんのインタヴューページにトラックバックしてしまいました。トクマルシューゴさん好きな方がコメントくれるかなーと思ってたらば、やっぱりこないですね。文章下手というか、書き込みにくいですよね、このブログ。私の書く文章って、あんまり考えず適当に書いているので…それにしても、トクマルさんの新譜好きすぎます!あと、ひっそり安室ちゃんの新譜も(笑。

最近、聴きたい病にかかってしまい、富士市だともどかしいです。ツタヤも充実してないし、そもそも家から遠いし…それに、お金ないですし。あはは。
posted by ゆりか at 15:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月29日

出口

exit.jpg
トクマルシューゴ / EXIT
大好きな、トクマルシューゴさんの3rdアルバム。1st、2ndと海外からのリリースだったのだけど、今作は日本のレーベル(Pヴァイン・レコード)からのリリースとなります。この作品は、ただただ素晴らしいというか好きすぎると表現したらいいのか。極上のポップ作品だと感じました。100種類くらいの楽器やエレクトロニクスを使用して、ほとんど自分で作ってしまったという。本当は、洗練されて複雑に楽器などの音が絡まって出来上がった作品なんだけど、さらっと聴くと、ものすごくポップ。きらきらしたイントロからはじまる1曲目の「パラシュート」が、一番好きなんだけど、さび(?)の部分になるとどうしようもなくなって、思わずにやりとしてしまう。自他共に認める完璧主義者だそうで。1stや2ndと比較すると「歌」に比重がおかれた作品だなとも感じます。ライブを重ねることにより、歌うことがいやじゃなくなったと本人はいっています。複雑に絡み合った音たちなんだけど、重くならず軽やかに響いてきます。そして、なによりメロディが好きなんだよね。くすぐったいくらい心を揺さぶられるメロディ。それに、これでもかってくらい凝ったアレンジ。そして、私にしては、めずらしいことなんだけど(苦笑)、歌詞がとても好きだ。夢から選んだ言葉らしいんだけど、とてもシュールでスリリングだ。本人は、メッセージ性はないと語っています。しっかし、夢から拝借した言葉を並べて、こんな世界観を作り上げちゃうなんてすごいや。またしても、ごちゃごちゃした文章になってしまいました。子供から大人まで聴いて楽しめる作品なんじゃないかなと感じました。バウンスにもインタビューあります。この作品の特設サイトもあり、そこを拝見させていただくと、いろんなミュージシャンから支持を得ていることが分かりました。長くなりましたけど、好きだーということです。ポップで本当は暗いってところがなんともいえません。

http://www.bounce.com/interview/article.php/3793
http://www.shugotokumaru.com/
posted by ゆりか at 15:10 | Comment(2) | TrackBack(0) | メモ2007

2007年10月28日

好きすぎー!

トクマルシューゴさんの新作、今までで一番好きかも。すごい好き。聴いたとたんにやり。歌詞も好き。あと、10回くらい聴いたら感想文書きたいと思います。にやり、にやり。幸せ音楽。ベールに包まれたようなやさしい音にシュールな歌詞。うむー。好きだー。
posted by ゆりか at 14:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

シトラス

yoganants.jpg
Yoga'n'ants / Bethlehem, We are on our own
元シトラスの江森さんと、渡辺さんのユニットアルバムです。ヴォーカルはフランス人女性。妹がフランス在住だから、なんだか親近感わくなー。簡単に表現しちゃうと、ジャズ、ボサノバという言葉がぴったり。ジャンルで云々表現するのは、本当はあんまり好きじゃあないのだけど(苦笑。シトラスとは、違った一面を見せているんだけど、なんとなくサンプリングセンスとか、シトラスらしさもあったり。軽さだったり、ちょっとごちゃっとした感覚がシトラスっぽいかな。1回聴いたときはそんなに、ぐっとこなかったんだけど、何度か聴いているうちに、わー、軽くてすーっと入ってくるなーと感じました。ドラムがすごく軽くて、サックスなどの生楽器も控えめで。微音で聴くとまた、いいんだなー。やさしくてね。ヴォーカルは、しっとりしています。全体的に、軽くてほのぼのしているけど、クールな感じです。メロディとヴォーカルがクールだからかな。あと、大人っぽいような子供っぽいような不思議な感覚。あっ、いつものことながら、私の文章もごっちゃっとしてるな(苦笑。
posted by ゆりか at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2007

東京

東京は、新宿へ行ってきました。3molesさんが企画している、「Our Bubble Hour」という素敵イベントへ行ってきました。

今回の上京は、台風ということもあり、お母さんから早めに帰ってきなさいと言われてしまったので、ライブまでしかいられませんでしたが、とても楽しかったです。新幹線って快適だな。いっつも、バスを利用していたからね。んでんで、まずは、新宿のタワレコに行ってきました。そしたらば、な、なんとトクマルシューゴさんのインストアライブをやっているじゃあありませんか!2曲だけ堪能してきました。ドラム、パーカッション、ギターの3人編成。新曲を披露していました。久々に見る、トクマルさんは、やっぱり癒されます。雰囲気なのかな。その後、買うと決めていた2枚(トクマルシューゴさんとYoga'n'ants)をさっさと買い、新宿OTOへ向かいました。風が強くて、傘が壊れて最低でした(苦笑。が、OTOの場所が分からない…そこで、3molesさんに電話して、ドンキホーテまで迎えにきてもらいました。多謝であります。久しぶりに会ったけど、違和感なかったな。ありがとうございます。

そして、新宿OTOに入ってみると、パオ美さんのDJがはじまってました。あげあげな選曲で盛り上がってました!久々のパオ美さんは、相変わらずで嬉しかったです。続いては、DELAさんのDJ。やっぱりDELAさんは、落ち着いているというか、選曲がいつも素敵です。好きな曲も流れて感動しちゃいました。続いては、zu-hauseさん。プチトラブルもありましたが、そんなの吹き飛ばすくらい素敵な選曲でした。このイベントでしか、かけられないような曲たちをセレクトしてくれていたと思います。後半のドローンにやられました。ドローン好き再確認です。続いては、kaneko,yukiさんのライブ。初見だったんだけど、ものすごい好みの音で。ダンサーさんもよかったです。途中のトラブルが、なんだかかわいらしかったです。そんなトラブルも吹っ飛ばすくらい、ライブよかったです。座りながらのんびりと堪能することができました。コンピレーションも買ったよ。来年、MAGIC BOOKから新作が出るとのことで、楽しみにしております。

それと、尊敬してやまないMAGIC BOOKレーベルの方とお話することができたんです。zu-hauseさん、多謝であります。いっつも、ブログを読んでは、共感したり感動したりしていたもので。しっかも、MAGIC BOOKさん、私の名前を知ってくれていた。うわわわ、感動の嵐です。静岡のPERCEPT MUSIC LABの名前も出たり、なんだか楽しい空間でした。

ゑさんとrunさんのDJは見れなかったけど、久々に会えてよかったです。ゑさんは、本当に気配りのできるお兄さんだなと感じたよ。もちろん、3molesさんも。runさんも、お変わりなく素敵な方です。相変わらず、挙動不振な動きを見せてしまいました(苦笑。

静岡に、がっちり引越ししたら、また東京へ行きたいなと思いました。しっかし、東京は大都市だねぇ。田舎者丸出しだったと思います。新宿駅に帰るのにも、何人かに、「新宿駅にはどうやって行けばいいですか?」とか聞いちゃったし。それに、東京駅から、新宿まで行くのに、山手線使っちゃったし。ゑさんに、中央線を教えてもらいました。帰りは、中央線を使ったので、早かったー。
posted by ゆりか at 11:16 | Comment(2) | TrackBack(1) | 日記

2007年10月27日

Our Bubble Hour vol.1

イベント当日までトップページに置かせてもらいます。

10/27(sat) 17:30-21:30 @新宿OTO
\2,000-(1D) w/f\1,500-(1D)
LIVE: kaneko,yuki(金子由布樹)
DJ's: run, zu-hause, パオ美, ゑ, DELA
mixi

詳細
posted by ゆりか at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | メモ2007

2007年10月26日

いよいよ明日は…

Our Bubble Hourが、開催されます。それにあたって、主催者である、3molesさんが、素敵なブログを開始しました。その名も、「Our Bubble Hour通信」です。丁寧で親切な言葉でつづられた文章を読むと、思わずぐっときます。関東周辺にお住まいで、お時間のある方は、ぜひとも足を運んでみてください。素敵な音空間に包まれるはずです。私も、途中までですが(終電の関係で)、行く予定でいますので、よろしければ新宿OTOで、会いましょう。詳細は、「Our Bubble Hour通信」にて。
posted by ゆりか at 14:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月23日

静岡

訳あって、静岡県富士市に戻ってまいりました。プロフィールも変えました。今後、名古屋のイベントやライブに行ける機会が減ります。その代わり、ちょっとお金をためて、東京へ行けるようになります。貯金、がんばります。すぐCD買っちゃうからな(苦笑。あと、静岡市にある素敵レコ屋PERCEPT MUSIC LABにも、行きやすくなります。引越しは、1月になりますがもう実家にある富士市にいます。お母さんのご飯はおいしいし、実家はいいなー。ちょっと窮屈だけど(苦笑。まぁ、そのうち慣れるでしょう。早く、荷物をこちらに持ってきて、レコードに針を落としたい気分です。
posted by ゆりか at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月12日

来日!

SmallSails.jpg
Small Sails / Similar Anniversaries
明日13日に東京に来ますねってことで、紹介したいと思います。今年発売のニューアルバムは、HEADSから日本盤も出ています。なんと解説は、hueのsinくん。日本盤がでるくらいだから、日本でも人気ってことなのだろうな。生楽器の演奏とエレクトロニクスが見事に融合し、繊細かつ暖かみのある音を奏でていると思います。ヴォーカルも脱力で、ほのぼのしています。ソフトロック的な要素もあり、インディーロックファンにも聴いてもらいたい作品です。あと、メロディが美しい。そして、とても耳なじみがよくてポップなのだよね。

http://www.smallsails.com/

http://myspace.com/smallsails
posted by ゆりか at 03:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月11日

早速登録!

クチロロのメルマガがはじまりましたよー。わーい。

http://blog.kuchiroro.jp/
posted by ゆりか at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

名曲揃い

sazanamiCD.jpg
スピッツ / さざなみCD
スピッツ好きなんです。中学時代からずっと。でも、思い起こしてみれば、あんまりスピッツの作品の感想文を書いていない…まぁ、いいや。どの作品も好きですよ。今作は、前作と比較すると、まとまった感じ。名曲揃い。前作がスピッツにしては、実験的な作品だと思ったんだけど、今作は、まさに王道スピッツといった感じで、グッドメロディに少しシュールな歌詞(とはいっても、初期のシュールさは薄れてますが…)と、やはりマサムネさんの透き通った声と、ストリングスなどのアレンジが、絶妙に絡んでスピッツ流ポップスを作り出しています。スピッツらしい、ラヴソング集。20周年を迎えて、ここまで洗練されたんだ。メンバーチェンジもなく、ずっとスピッツであり続けていることに、尊敬します。日本の王道ロック・ポップス!やっぱり好きだ。もっともっと聴きこんで、頭にメロディを焼きつけてやるー。歌下手なんでカラオケで歌えないけどね。
posted by ゆりか at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | メモ2007

2007年10月09日

MAG FOR EARS vol.3

Mag3.jpg
「MAG FOR EARS vol.3」が、店頭にもう並んでいますよー。決まったテーマにそって、さまざまな人たちが思い入れのある作品を選盤し、レヴュー(?)が書いてあります。ふつうの音楽雑誌と違って(比べるのもなー)、新旧問わず、興味深い作品が紹介されているので、興味のある方は、ぜひ手に取ってください。詳しくは、こちら。Vol.3は、「音楽のファンタジー・音楽のロマンチシズム」がテーマです。一般の人たちが書いた熱いレヴューを読んでいると、どの盤も聴いてみたくなるのです。こんな、手作り感覚抜群、ぬくもりのある音楽雑誌は、めったにありません。ぜひとも、手に取って読んでもらいたいです。あっ、私の書いたレヴューは、情けないものになっていて恥ずかしいです。次回のテーマは「コラージュミュージック」特集。コラージュミュージック好きな私は、また恥ずかしながら原稿を投稿させていただこうかなと考えております。本当に、素敵すぎる雑誌です。心から応援しています。イワサさん、これからもよろしくお願いします。リスペクト!
posted by ゆりか at 12:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月03日

テルミン

うおー、テルミン完成いたしました!しっかし、プラスチック製のチューナーが折れました…なので、音が出ないで終わりました。ショックです。高かったのにー。そんなこんなで、少々落ち込み気味。どうしたらいいんだよー。困ったなぁ。

今、レコードプレーヤーは家庭用のDENONのを使ってるんですが、DJ用のしっかりしたのが欲しいです。針が自動で動くのがうっとうしいのです。大須で1万円で買っただけあるな。もう少しいいのを買えばよかったと少々後悔しております。が、聴ければいいのでよしとします。
posted by ゆりか at 18:53 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記

2007年10月02日

届きましたー。

キセルのアナログと「大人の科学」が、本日無事に届きました。

キセル初のアナログ!新曲「春の背中」は、初期キセルを彷彿させられるゆるさを持っています。そして、摩訶不思議なメロディは健在!おもしろい音もちりばめられて、キセルファンは大満足な内容なんじゃないでしょうか。B面は、「夢のいくら」のアナログヴァージョン!原曲よりも、さらにおもしろい音がちりばめられています。これは、キセルファンは聴くしかありません。素敵レーベル「カクバリズム」から。限定らしいので、お早めにー。

http://www.kakubarhythm.com/

テルミンは、カズキさんによると音が小さいらしいので残念ですが、明日はお休みなので、組み立てようと思います。雑誌は、難しそうなので、読む気がしない!活字苦手な今日この頃です。
posted by ゆりか at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月01日

otonotani2

DSCF0013.JPG
Grace Of Water
久々に、轟音ギターを聴きました。やっぱり鳥肌ものです。ベースの人がかっこよかったです。

DSCF0016.JPG
Gura
フルートのメロディと音色が美しかったです。強弱のある演奏には、脱帽でした。

DSCF0018.JPG
Audio Safari
初めて聴いたんだけど、とても大好きな音でした。声質がビョークに少し似ているなと思いました。

DSCF0021.JPG
HB
踊れる音楽!女性3人組み!大変盛り上がっていました。しっかし、私はシートで寝転びながら聴くという大変怠惰な聴き方をしてました。

DSCF0022.JPG
Stim
これも、シートで寝転びながら聴きました。ドラムがかっこよかったです。

tennis.JPG
テニスコーツ
最新アルバムから、何もやってくれなかったのは残念だったけど、さやさんの声は美しかったです。サポートのビートメーカーが加わって、ヒップホップな音でした。

irurime1.JPG irurime2.jpg irurime3.JPG irurime4.JPG irurime5.JPG irurime6.jpg
irurime7.jpg irurime8.jpg irurime10.jpg irurime11.jpg
イルリメ
本日の最高アクト!とても、楽しいステージでした。最新アルバム「イルリメ・ア・ゴーゴー」からの選曲がほとんどでした。

DSCF0036.JPG DSCF00371.JPG DSCF00381.JPG
武村
MOBIUMで演奏していました。変わった楽器を用いて、不思議な空間を作り出していました。ダンスの人がおもしろかった!

DSCF00401.JPG
脳と目玉(のうしんとう+6Eyes)
のうしんとうと6Eyesは、観たことあるけど、コラボは初めて。メンバーさんが、酔っ払いながら、非常におもしろいステージだったと思います。

DSCF00411.JPG DSCF00421.JPG DSCF00431.JPG
松井一平・アキツユコ・植野隆司
これも、MOBIUMにて。アキツユコさんの声が聴きたかったのだけど…でも、ゆるくていい感じでした。

七尾旅人 featuring勝井祐二
写真が全部ぼやけてた…七尾旅人のMCは、ライブごとにおもしろくなっていくなーと思いました。ギターの弾き語りとエレクトリックギターの絶妙な組み合わせが良かったです。昔の曲もやってもらいたかったな。

言葉足らずですが、ちょいと写真アップで精一杯だったのでこの辺で。
posted by ゆりか at 04:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2007

otonotani1

今年も、otonotaniに行ってきました。天気はいまいちだったけど、とても楽しめました。なんだかんだで毎年参加しているような(笑。ことしも、えちゃんと一緒に行ってきました。

DSCF0015.JPG DSCF0014.JPG dog.JPG
タイムテーブルと犬と戯れる友だち。この犬は、人懐っこくてかわいかったなー。

Sora.JPG tyabudai.JPG kyampu.JPG
一日目は、青空が広がったり。雨にもほとんど降られず、最高のロケーションでした。今年も、ちゃぶ台を用意してもらって、のんびりとライブを堪能しました。キャンプサイトの様子です。夜遅くから、雨が降ってきたので、キャンプの人は大変だっただろうなー。
posted by ゆりか at 03:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2007
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。