2012年07月25日

病気

とある精神疾患10年以上経ちます。病感を感じたのは、大学2年生の頃で、頭が働かなくなって、成績も落ち、夜も眠れなくなりました。それでも、必死で普通の生活を心がけていました。音楽漬けだったのが、幸いです。ライブにも、行きまくりました。楽しかったです。その後の、奇妙な精神状態といったら、今だから言える大変なことでした。聴こえないはずの声が聴こえたりしていました。大好きだった彼にも相談出来ず、孤独と闘ってました。だから、3年以上も付き合ったバカップルだったのに、別れを告げられちゃったのだと思う。愛情に飢えていたのに、甘えられず、反対に会いたくないみたいな感じで過ごしていたから、別れを告げられたのも当たり前の事ですね。

本格的に、病院へ行きだしたのは、大学4年の4月です。別れた後の2番目の彼(苦笑)が、病院へ行った方が良いよとアドバイスしてくれました。その頃は、自分が4人に分裂していたのです。幻覚ですね。病名は告げられず、薬だけもらって、眠れないので飲んでいました。彼の家で初めて薬を飲んで、ころっと眠れたのが印象に残っています。その後、研究を続けながらも悪化の経過を辿り、入院。同年代がたくさんいて、話も盛り上がって、精神病棟としては、最初は辛かったものの楽しかったです。鍵のかかった部屋に閉じ込められていて、狂ってなんかないと思っていました。外に出られたときは本当に嬉しかったなー。退院後、すぐに研究室に入って、狂ったように勉強しました。薬の影響か病気の影響か分からないけど、頭にほとんど内容が入ってこなくて苦労したことを鮮明に覚えています。生活のリズムは崩れ、精神的にも限界を感じたけど、何とか院試を突破。卒論も卒論発表も突破。勉強で、こんな苦労したことありませんでした。

大学院に入り、研究に没頭する中、聴こえないはずの声が聴こえて集中出来ず、声も、自分を非難する声ばかりだったので辛かったです。その頃は、本当に自分に霊が取り憑いているのだと思い、坊主にして出家する準備をしたりしていました。あまりにも辛くて、実家に帰って療養することにしました。

実家に帰って初めて行った病院が、紹介状も読まず、顔を叩き薬だけ出されるといった酷い病院でした。今は潰れました(笑。薬も、出してはいけない薬で今は禁止されているものでした(笑。それでも、時間が解決してくれて、また研究したい!と思い、名古屋へ。また、研究に没頭して悪化。そして再び実家へ。そして、今通っている病院に通いだしました。色々な検査をした結果、統失であるということが判明し、自宅療養となりました。まあ、名古屋にいた頃から、統失って診断されていたのですけどね。きちんと服薬すること、睡眠時間を確保すること、などを当時の主治医の先生は言っていたけど、私は言葉を発することすら出来ませんでした。言葉が出ないのです。声は聴こえ続け、声に従ったりもしました。また、時間が解決してくれて研究したい!と思い、名古屋へ。そこで、違う病院に行って主治医の先生が女医さんになりました。大学院を卒業したいという目標を伝え、きちんと服薬していました。でも、声は聴こえたままでした。それが幻だと分かったのは、大学院を中退して、実家に帰り、自殺未遂をして(バカですね)、1週間意識不明の重体になり、再び精神病院に入院して、薬剤師さんが、病気の説明をしてくれてからです。薬を変えて、食慾旺盛になり10キロ近く増えました。それでも、それ以上増えなかったせいか、血液検査の結果が良かったせいか、私が薬で太ったと分からなかったせいで、薬は変わらなかったです。で、食べ過ぎて困りますと、今通っている病院の以前の主治医の先生に相談したところ、それは薬の副作用ですよ、とのことでした。明らかに、過食でした。それ以前にも色々あり、7回も入退院を繰り返しました。バカです。

今の、処方になってからは、爆発しそうになった時に、臨時でセレネースとアキネトンの注射を打たなくなりました。やれやれ。親に、学費と生活費を無駄に出させてしまったことを今でも後悔しています。今では、出来ないと思ったことは、出来ないと割り切っています。徐々に出来るようになってきていますし。音楽は、欠かせないですねー。新薬のメジャートランキライザー2種、デパケンR、睡眠薬などで落ち着いています。本当は、新薬のメジャートランキライザーは1種類にした方が良いらしいのですが、減らすとどうも調子を崩します。不眠になったり、声が大きくなったり。感情がなくなったり。辛くても涙も出ないんです。でも、今はこうして音楽を聴いて、同じ障害を持った相方とドライブしたりして、楽しくのんびり過ごしています。相方は、症状が薬で安定しているので、普通に働いています。同い年の隣の地区です。今日も、相方のお母さんの実家の由比へ行って、我が愛犬を連れて行って沢で沢ガニをとったりとか、ご飯したりとかしました。

とうことで、結論は私は幸せで元気です。ただ、いんせいしょうじょうとようせいしょうじょうとにんちきのうしょうがいが残っています。不眠も残っています。それでも、妹がフランスから1年に1回帰ってくるたびに、お姉ちゃん、だんだん良くなってる!と言ってくれます。とても遠回りをしたけど、強がりで、無理をしたけど、元気です。

最近は、グレイプバインのライブ盤にはまっています。ロッキンな感じのが聴きたくて、でプログレっぽくて、大学時代の甘酸っぱい思い出を思い出しながら、あー、素敵なメロディにダイナミックな演奏だなあと感動しながら聴いています。寝るときの音楽は、必ず、2001年のライブ盤です。その当時、大学時代の親友Rと一緒にライブに行ったから、楽しい思い出が多いのです。バインの名古屋でのライブは、観客が悪かったので、1回しか行かなかったけど、ライブ盤聴くと、観客のことなんて忘れて、ダイナミックなプログレっぽい演奏と癖になるメロディに酔いしれています。

今は、妹ファミリーが実家に帰省しているので、あんまり音楽をがんがん聴いている感じではないですね。今週末のフジロックが、羨ましくてたまりません。でも、行けるような状態じゃないことを把握しているので、行かないですが、いつか行けたらば、名古屋のCRJやクラブ、ライブで知り合った友達、東京でネットを通じて知り合った友達などと、バカをしたいですね(笑。根が、バカをしたいタイプなのですよ。でも、年が年ですし、少々恥ずかしい気もします。クラブで踊ったりもしたいですね。ライブで、はしゃいだりもしたいですね。したいことだらけです。しかも、全部エンターテイメント(笑。趣味の研究は、どうなったことやら。

富士市にキセルとか来てくれないかなー。
posted by ゆりか at 20:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 医学

2012年07月12日

柔らかな丘と夢の手紙

キセルの『柔らかな丘』『夢の手紙』が、キセルの歌詞の中で凄く好きです。辛くて、どうしようもない時、響いたんですね。キセル大好きなんです。『窓に地球』の1曲目と2曲目に収録されています。連続でこんな切ないメロディと歌詞が続いて、涙出そうになります。それに、独特の歌声と演奏ですね。いつ聴いても、胸が熱くなります。

・柔らかな丘

長い夜を渉ります 悲しみに傘開いて
転んだ先の君の顔 大きな声で笑い出す

さらば僕ら光を失くしたまま 夢は見ている
柔らかな丘の様 指差すその先を君と行く

暗い秘密を教えます 胸に沈んだ花の色
繰り返して錆ついて ひとつでもいいと探してる

さらば僕らは闇を抱えたまま 眠りについた
雨降りの穴の様 響く声は君に届けたい

光刺す部屋の中
テレビの中
何処にもないよ
僕の吐く溜息は
君の吐く煙になった

さらば僕ら光を失くしたまま
夢は見ている
柔らかな丘の様
指差すその先を君と行く

・夢の手紙

夢の中で逢いましょう 冥王星の先から
届いた君の便りに時計の音が止む

それは僕に「馬鹿」と言うんだよ

手を振るあなたの顔だけ見えないよ
笑っているならいいのにね

傷になって浮かぶまで 忘れていたんだよ
変わり続けている事も 忘れてしまうんだよ

それは僕に「進め」と言うんだよ

手を振るあなたの顔だけ見えないよ
黙ったままで怖いんだよ

夜明けに 遠くから
やってきたその手紙

振り向く彼方は曇りの郷愁だ
雨の降る前のにおいだ

手を振るあなたを忘れていたんだよ
わらっているならいいのにな
posted by ゆりか at 11:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

通院日

毎週、木曜日は通院日です。そして、2週間に1度は訪問看護です。主治医の先生は、何度か変わりましたが、慣れました。痩せた若い男の先生です。薬は、現状維持でした。先週、薬の調整をしたいから入院して…なんて話が出て、凹んでたのですが、今回は調子が良いことをアピールして、入院の話が出なくて良かったです。何故か、薬を減らしたり変えたりすると調子を崩す傾向にあるんだよね。それだから、入院の話になっちゃう。もう、入院なんて嫌だー。不健康日記は良くないですね(苦笑)でも、私の日常なんです。

昨日の夜は、すぐに目覚めちゃってごそごそと食べてしまったー。反省。痩せたいのに、太る一方ですね。いや、現状維持ですが。筋肉質なのでそこまで食べても、太らないのです。運動部にずっと所属していたおかげですね。しかも、スパルタ運動部!

昨日は、テニスコーツの新譜にくぎ付けでした。ロッキンなテニスもいいなあと。ちょっと新鮮でした。また、感想文を書きたいと思います。音楽、最高!インディーもメジャーもどっちも良い!聴き方、偏ってますが(苦笑。エビスビーツとヤンサンの新譜を静岡のLABにて予約してあるので、楽しみです。モーサムの新譜も、静岡タワレコで試聴しよう。LABには、電車で1時間以上かけて、遊びに行きます!モリカワさん、親切で優しい方なんですよ。私の、へたれコンピも置いてくれますし。富士山の話とかします(笑。静岡の音楽シーンとか。もっと盛り上がっても、ってね。富士は廃れてます。唯一のアニマルハウスもなくなりましたし。沼津では、イベントがあったりするんですが、交通手段がないのですね。電車がありますが、終電逃しそうですし。身延線、終電早いですし。寝るのが仕事なんで(笑。
posted by ゆりか at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月11日

衝撃の1枚

The Bends.jpg
Radiohead / The Bends
高校時代、ロッキングオンによく載っているなーと思って、インタヴューを読んだりして、かなり気になっていたバンドで、田舎のTSUTAYAにもあるかなーと思って行ったら、あるじゃないですかー。喜びの気持ちでいっぱいでした。早速、カセットテープに録音して歌詞カードを見ながら聴いたら、これは、世界が変わるんじゃないか!と思うくらい感動して、カセットプレーヤーで、大音量で聴きながら、走り回りました(笑。次のアルバムが楽しみで仕方なかったです。そして、スヌーザーと出会い、Radioheadの記事を読みまくりました。タナソウも、私と同じくRadiohead狂だったんですね。OKが出た時、さらに凄いアルバムだなと感動したことを鮮明に覚えています。Bendsで、1番最初にはまった曲は『(Nice Dream)』でした。ライブは、さらに凄くて圧巻されました。私の青春の1枚です。
posted by ゆりか at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

jupiter

ea31a1909fa029099a7ce110.L.jpg
BUMP OF CHIKEN / jupiter
誰もが、耳にしたことがあるであろう『天体観測』が収録されたアルバム。3rdなんだけど、メジャーデビューアルバムです。1曲目から、大好きです。演奏が、格段と進化しています。相変わらず、親しみやすい歌詞とメロディが好きです。人の弱さ、怖さ、そしてストーリー制のある歌詞が、凄いと思います。さぁ、ダイアモンドの歌詞の素晴らしさに酔いしれてください。

posted by ゆりか at 13:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

FLAME VEIN

41HPZARCM9L._SL500_AA300_.jpg
BUMP OF CHIKEN / FLAME VEIN
バンプの1stです。親しみやすい温かい歌詞に、爽やかな藤原くんの歌声が大好きです。初期のバンプは、演奏がシンプルで、特に好きですね。3rd以降の壮大な曲も大好きだったりします。共感出来る部分が歌詞やメロディに凄く現れているので、こんなに人気になったのだと思います。特に『ノーヒットノーラン』の歌詞に共感してしまいます。J-POP好きは是非聴いてもらいたい作品です。
posted by ゆりか at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月10日

CIRCULAT∞R

pcca01548jk.jpg
Grapevine / CIRCULAT∞R
Grapevineで、ライブ盤と並んでよく聴いたアルバムです。骨太なロックの醍醐味、初めて聴いた本当のロックンロールが詰まったアルバムだと思います。特に、『風待ち』が大好きで、何度も聴いては、自分と比較しちゃったりしました。病気になる前に聴いたときと、病気になってから聴いたときと、全然違って歌詞が響いてきて、胸が熱くなりました。もう駄目だ、と弱音を吐きたくなるくらい辛かった時期があったのですが、この『風待ち』を聴いて、ゆっくり自分らしく優しく生きようと勇気付けられたものです。切ないんだけど、勇気付けられるという不思議な力を持った楽曲だと思います。バインは、メロディが凄く良いので、全曲好きですけどねー。余談ですが、田中牛乳がなくなったのが残念です。

posted by ゆりか at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

The Coral

The Coral.jpg
The Coral / The Coral
Coralの1stアルバム。久しぶりに、洋楽ロックを聴いてみたいなーと思ってチョイスしたのが、Coralです。2002年の作品です。パルコタワレコで、試聴して即買いでした(笑。激渋なヴォーカルに懐かしいメロディが、凄く新鮮だったことを鮮明に思い出します。妹にも、おすすめして妹も気に入ってくれたことを覚えています。この頃は、CRJ−Cに入っていて音楽のアンテナが、びんびんに張っていたな。Cメンバーにいろんな音楽を教えてもらい、必死に聴きまくってました。それが、新鮮で楽しかったです。Coralは、周囲に好きな人いなかったけど(聞いていないだけか・苦笑)、たくさん聴きました。あの頃は、暇があれば、レコ屋に行って試聴しては、いろんな音楽に親しんでいたなー。今は、ネットというツールがあって、試聴も家で簡単に出来てしまいますね。便利になったものです。
posted by ゆりか at 13:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

もどかしさ

老後のような生活を送っております。只今31歳なのですが(苦笑。音楽聴いたり、音楽聴いたり、家事を手伝ったり。働こうと何度か挑戦したものの、敗北に終わっております(涙。時間がかかるんだよね、この病気は。

出来ると思っていることが、なかなか出来ないもどかしさ、それと今闘っています。もっと出来ると思っちゃうんだよね、でも、出来ない。最近は、ようやく自分を受け入れて、出来ないけど、あと10年後には出来ているかもしれない、とか出来なくても死なないじゃん、とか思っちゃってます。楽観的なんだよね。必死だった頃もあるけど。もがいて、もがいて、研究を続けていた頃も。研究は、私には合っていたようで夢中になれたんですけどね。

もどかしさと言えば、フジファブリックの歌詞ですね。サカナクションもそう言えると思います。

今、グレイプバインのライブ盤聴いています。ライブを思い出しますねー。女子が多かった気がします。

昨日、ナンバーガール聴いたんだけど、センチメンタルになり過ぎて、あまり聴けなかったです。ライブにも、何度も行ったな。大学入学してすぐにお付き合いした人が大好きだったんです。バカップルでした(笑。ドライブでも、ナンバーガールを大音量で聴いていて、2人で歌っていました(笑。3年以上付き合ったのですが、病気のせいで、彼を傷つけて、しかも彼には私のすべてをさらけ出せなかった。あんなに思ってくれたのに。彼の優しさに、変な甘え方をしてしまったんですね。でも、フィッシュマンズの歌詞のように、暗い僕を明るくしてくれるからね、と言ってもらえたことは凄く嬉しかったですね。過去は、あまり振り返るもんじゃないですね。でも、ナンバーガール聴いちゃったら、過去が蘇ってきて。今は、幸せです。家族、友達、相方にも恵まれて。友達も、偏見なく付き合ってくれますし。音楽聴きたい放題ですし。もうちょっと頑張って、働けるように努力します。時間をかけて、焦らずに。失敗は成功のもとですけどね。
posted by ゆりか at 11:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

GRAPEVINE

縁あって、グレイプバインを聴き込むことにしました。持っているのは、5枚のアルバムだけですが。大学時代を思い出しますね。あの頃は、ライブ三昧だったな。ダイナミックなロックの演奏と切ない歌詞が大好きです。iPod Suffleにもグレイプバインだけにしました。こういうロックが1番好きなんだよね、ミーハーで色々聴きますが。

とりあえず、体力つけなくちゃー。薬の副作用で食慾ばかりあるんだよね(苦笑。そして、音楽聴きたい病は常にあります。
posted by ゆりか at 09:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月09日

消えちゃった

老後のような生活を綴った記事が、長文だったのに消えちまったよ。ありゃーだね。病気のこととか書いたんだけどね。頭を使う為に、ようやくブログを書く気になってきたことを。またの機会に。SeeSaaめ!

今日は、訪問看護でした。最後の退院から2年以上経ちますが、未だ看護師さんが我が家にやってきてくれます。音楽の話が主ですね(笑。もっともっと書いたのですが、消えちまったよ。また、いつか書きます。
posted by ゆりか at 13:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

BEATS FOR RAP

BEATS FOR RAP.jpg
tofubeats / BEATS FOR RAP
2009年にLHW?のHPでフリーDLした音源です。何故だか、ジャンルがポップになってる(笑。確かに、ポップだな。流麗なシンセが心地よいです。角のない滑らかな楽曲が揃っていて、ビートも心地よいです。当時、DLした時、こんなにも有名になるとは、思っていなかったなー。やっぱり、ポップで心地よいから、みんな大好きだよね。ラップのためのビートかぁ。スペイシーなので、キーの高い□□□の三浦さんがラップしてくれたら、面白いだろうなー。なんて考えるのは私だけだろうか(笑。
posted by ゆりか at 12:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2009

2012年07月08日

懐かしのアルバム

dead_jacket.jpg
BUMU OF CHIKEN / THE LIVING DEAD
大学1年生の頃かな、よく聴いたアルバムです。最近になって、再び聴いています。センチメンタルな気持ちになります。『天体観測』が売れたのをきっかけに、あまり聴かなくなってしまったひねくれ者ですが、最近のバンプも気になってきました(笑。今度、レンタルで聴いてみようと思います。シンプルな演奏に、キャッチーで美しいメロディが素敵だと思います。歌詞も、親しみやすいです。藤原くんの歌声も好きです。特に、8分以上ある『Ever Lasting Lie』が好きです。これは、2ndですが、1stも、もの凄く好きです。
posted by ゆりか at 20:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

さよなら、

LHWCD-0007_cover-01.jpg
不可思議/wonderboy / さよなら、
不可思議/wonderboyとの出会いは、あっつんさんから教えてもらった、DemoEpでした。ポエトリーとラップが行き来するような歌い方(?)と、歌詞に感動したものです。1stもよく聴きました。1stの曲とかぶっているのがありますが、もの凄く進化しています!歌詞も凄く素晴らしくて、感動的です。そして、不慮の事故にて、およそ1年前に亡くなってしまいました。詳細は、知らないのですが、ブログを読んでいると、私のような人だなぁと少々感じてしまう部分があります。かまってもらいたい、ってところがですね。そして、この2ndアルバム。きらびやかで美しいピアノの旋律にのせるラップポエトリーに、それにアカペラもあります。『生きる』って聴いたことありますか?是非聴いてみてください。このアルバムの最後に収録されています。シングルとしては、もう、入手出来ることは出来ないですが、You Tubeにあるので、是非。私も、『生きる』は、iPodに動画として入れていて、何度も見ています。以下のURLにいくつか動画があるので、是非。『さよなら、』ってタイトル、切ないですね。

http://www.lowhighwho.com/wonderboy/
posted by ゆりか at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2012

フジファブリック

私は、フジファブリックの大ファンです。昨日、Facebookで、高校時代の友達が『陽炎』を聴いた、と書いてあったので、私もつい『陽炎』を聴きました。私は、この『陽炎』で、一気にフジファブリックのファンとなりました。インディー時代の2枚のアルバムを買って、聴き込んでは、志村さんの描く独特のもどかしさや切なさ、孤独さの歌詞に感動したものです。勿論、メロディや演奏もひねくれていて大好きなんです。志村さんが、亡くなった時は、ショックでした。クリスマスイヴ。鮮明に覚えています。29歳で。私より1つお兄さんなんですね。初期のダークなナンバーから中期のカラフルなナンバーまで大好きです。志村さんのインタヴューは、欠かさず立ち読みしたものです。DVDもシングルもアルバムも亡くなった後に発売されたものもコンプリートしてしまうほど、気持ち悪いファン(苦笑。不安定な歌声も大好きです。民生さんのライブで、音楽を始めるきっかけとなり、たくさんの音楽を聴いて、ピザ屋でアルバイトしながら、上京を目指し、お金を一生懸命貯めたってのも、凄く音楽に対する情熱を感じます。それに、富士吉田市出身ってのも好感が持てますね。私の住んでいる富士市の富士山を挟んで反対側の街です。ライヴもエンターテイメントで、楽しかったことを鮮明に覚えています。一生懸命、ツアーグッズの宣伝していたよ(笑。どの曲も大好きで、今1曲選んでーと言われても選べません。代表曲は、『茜色の夕日』だと思います。上京した時の状況が描かれている壮大なナンバーだと思います。

スーパーカーは、もの凄いのめり込んだけど、あまり聴き返す気がしないけど、フジファブリックは一生聴くと思います。今、『笑ってサヨナラ』聴いているんだけど、名曲過ぎる!志村さんが亡くなった後、ギターの総くんが歌っているんだけど、あんまり私的にはしっくりこなくてですね、聴いていないのですが、今後のフジファブリックの活躍は応援したいと思います。ネットラジオ、ぐちぐち言わせて、ネトネト言わせて、ゆるゆる言わせて、それに赤富士配信をとても楽しみにしていました。

有名J−POPで1番のめり込んだのは、フジファブリックかもしれません。キセルもそうですね。辛かった時や、楽しかった時、フジファブリックが流れていたんです。それに、志村さんに顔が似ていると言われることがあって、嬉しかったです(笑。いんせい症状で何も感じなかった時、キセルとフジファブリックの歌詞には、感動しました。『タイムマシン』なんて、泣きそうになりましたもん。志村さんは、自分をさらけ出したかったのに、さらけ出せなかったのかな、とか思っちゃいますね。歌うことで、さらけ出したかったのだけど、十分に出来なかったのかなと。だから、あの若さで逝ってしまったのかなと。
posted by ゆりか at 18:42 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2012年07月04日

mac

macに慣れちゃうと、windowsが難しく感じますね。昨晩、眠れなかったのでwindowsマシンを起動してみたんだけど、やっぱり故障しているみたいで、1時間以上起動するのにかかりました。そして今、非常に眠いです。が、今寝たら夜に眠れないような気がして、我慢してます(笑。昨日は、8時間以上も眠れたので、元気です。3日間続くとやばいけどね(苦笑。

相方は、所謂職人さん(植木屋)なんですが、気候に影響されやすく収入も安定しない職業です。私も、収入が安定していません。隣の地区に住んでいて、よくドライブなんかに連れて行ってくれます。食べることが、私以上に好きで、ぽっちゃり系でも筋肉質です(笑。

狙っていたスーパーの清掃のバイトの張り紙がなくなってた…。残念です。まぁ、妹夫妻と甥っ子が来るまで、働かなくっていっかって感じです。妹用に用意したミスチルのベスト盤を聴いてみたいところですが、我慢です。最近のミスチルの曲は知らないんですよね。小・中学時代はよく聴いていました。『Cross Road』が、初ミスチルですねー。ミスチルも名曲多いですから、妹が来たら、聴いてみようと思います。相変わらずJ-POP好きだなー。勿論、洋楽も好きです。広く浅くになっちゃいますね、ミーハーですから(笑。甥っ子は、K-POP好きみたいです。私は、詳しくないですね。アイドル系は、小学生の頃よく聴いてたもんで、他に興味がいっちゃうんですよね。mikeとか松田聖子とか光ゲンジとかあげたらきりがないです。後は、チャゲアスとか槙原敬之とかオザケンとかスチャダラパーとか好きでしたねー。田舎者は、TVやラジオに出演する音楽しかあまり情報が入ってこなかったんですよ。ネットもなかったですし。普通の音楽好きだっただけなので。ところが、中学時代に聴いたスピッツの『ロビンソン』の影響で音楽雑誌をすみからすみまで読むようになって、ミーハーになりましたとさ。

タイトルがmacなのに、macについて書いていませんね(苦笑。macは使いやすいです。
posted by ゆりか at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

Butter

4523132717432.jpg
Hudson Mohawke / Butter
あんまり、眠れなかったものだから、昨晩から聴き続けています。ヒップホップ界のエイフェックス・ツインと称されてますね、タワレコで。ものすごく、疾走感があり、ビートも面白いです。テクノ、エレクトロニカ、ヒップホップを自由放漫に行き来するWarp期待の新人の1stアルバムです。ヴォーカルをフィーチャーした曲もあります。ビートとシンセのメロディが、絶妙にマッチしていて聴いていて、愉快になれるアルバムです。
posted by ゆりか at 08:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2012

2012年07月02日

CHOCO CHIP COOKIE

CHOCO CHIP COOKIE.png
NIHA-C / CHOCO CHIP COOKIE
浜松出身で、名古屋で活躍するラッパーのフリーDL出来るEPです。1曲目は、jinmenusagiをフィーチャーしています。どこかロマンチックなトラックに、聴き取りやすい日本語ラップに好感が持てます。お調子者と本人は言っていますが、そんな感じも伝わってくる愉快なアルバムです。普段、日本語ラップを聴かない人にも聴きやすいんじゃないかなと感じます。フリーなので、是非。http://profile.ameba.jp/nha-c/
posted by ゆりか at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2012

THE LAST EMPTY SUPPER

51DQtqU-VDL._SL500_AA300_.jpg
夕食 / THE LAST EMPTY SUPPER
岐阜を中心に活動する3人組バンドの1stアルバムです。プロデュースは、工藤冬里さんです。丁寧にゆったりと演奏される素朴な雰囲気に思わず酔いしれます。確かに、私はここに存在してこの楽曲が染み込んでくるんです。もっともっと聴き込みたいですね。演奏の間の空間も、絶妙です。とても優しくてどこか身近に感じる作品です。2ndアルバムもそろそろ出来るみたいなので、楽しみです。極限まで、研ぎすまされたシンプルな演奏も、好きです。
posted by ゆりか at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2011

2012年07月01日

Today Forever

41XHEJFF2AL._SL500_AA300_.jpg
Ried / Today Forever
Rideの作品の中で1番聴いた作品です。スピッツの『ロビンソン』が、きっかけで音楽雑誌を読むようになり、音楽好きが、加速していったわけだけど、そのスピッツのマサムネさんが、Ride歌謡を目指す!みたいなことを言っていて、聴いてみようと思って、富士市の寂れた中古レコ屋に行ったところ、RIdeは、『Today Forever』しかなかったのです。青ライドが欲しかったのですが。ついでに、ピクシーズのドリトルも欲しかったのですが、新品でも田舎の富士市ではなくて、取り寄せたことを思い出します。美しすぎるギターノイズに、甘美な歌声に、こんな斬新な音楽があったんだ!と感動したことを今でも鮮明に思い出せます。ジザメリ、マイブラ、チャプターハウスなどなどたくさん、シューゲイザーと呼ばれるバンド(あんまりシューゲイザーって言葉好きじゃないんですけどね)の中で、Rideは、1番聴いたせいか、1番好きです。聴いていると、わくわくします。メロディも美しいですしね。イントロ聴いただけで、感動しますもん。ちなみに、ピクシーズは、大学1年生の頃になって、ようやく良さが分かりました。
posted by ゆりか at 14:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。