2014年11月08日

Neuma

81b0fnqLn6L._SL1162_.jpg
YankaNoi / Neuma
前々から、気になっていたバンドの音源がようやく聴けました。トクマルシューゴさんが、参加しているということで、興味深々で、他の情報はあまり知りませんでした。CDの帯の文章をそのまま書いてみますね。バンドの編成が分かると思いますので。
〜2013年、トクマルシューゴバンドで10種類以上の楽器を操るマルチプレイヤーとして活躍するユミコが中心となり結成された、ロマ(ジプシー)のような雄大さと、女性コーラスワークが印象的な新バンド、YankaNoi(ヤンカノイ)。ボーカルのユミコが全ての楽曲の作詞作曲を担当し、ギターとピアノ、そしてエンジニアとしてトクマルシューゴ、ボーカルのユミコが全ての楽曲の作詞/ 作曲を担当し、ギターとピアノ、そしてエンジニアとしてトクマルシューゴ、コントラバスに田中馨、ドラムに岸田佳也が加わり、その4人が中心となってアレンジを加え、完成度の高い楽曲が生み出された。ユミコ自身はマルチプレーヤーとしても様々なアーティスト【トクマルシューゴ、SiN(ノルウェー)、Gutevolk、良原リエ、クランペチーノテツンポ etc】をさぽーとしてきた傍ら、ソロプロジェクト「meso meso」として2008年にUKマンチェスターのレーベルより1stアルバムをリリース。その後、Yaccaから2ndアルバムをリリースするもソロ活動は休止してしまう。活動休止から、ユミコの構想5年にも渡る理想の形が、Neuma(ネウマ=ギリシャ語で「合図、呼吸」)というタイトルの元に、ここに完成した。〜
ユミコさんの、優しいヴォーカルに、様々な楽器で複雑に繊細に演奏された楽曲は、聴いていて感動するほど、完成度が高いです。様々な音たちが、楽しそうに遊んでいるかのようで、聴いていて微笑ましくも、でも少し切ないメロディでもあり、興味深いアルバムです。聴けば聴くほど、味が出そうです。
posted by ゆりか at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | メモ2014
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。